TTRC–ラフィア産業に特化した世界初の訓練研究施設

施設案内をダウンロード

テクニカルトレーニング&リサーチセンター(TTRC は、2012 年、ロヒアコープリミテッド により、グループの独立事業部としてインドのカンプールに設立されました。CSR 活動の一環でもある同センターの目的は、若年層の失業者に技能を伝え、雇用を創出するとともに、熟練労働者を供給することによってラフィア産業の成長を支えることです。これらの目的は、国内のラフィア産業のために訓練施設を作りたいという、ロヒアグループのラジ・クマール・ロヒア会長のビジョンに基づくものです。


訓練プログラムの概要


logo
オペレーター育成
(テープライン、巻取機、織機、BCS、Valvomatic)

TTRCでは、16週間のオペレーター育成コース(織機、テーププラント、巻取機、BCS、Valvomatic)を実施し、ラフィア産業における熟練労働者の需要に応えています。このプログラムの目的は、ラフィア産業のために熟練オペレーターを育成することです。これは、機器の生産性と最終製品の品質を高めるために重要なことです。

logo
監督者養成プログラム
(テープライン、織機、品質管理)

TTRCでは、ディプロマおよび工学分野の学士号取得者を対象に、12週間の監督者養成プログラム(SDP)を実施し、プラスチック織布袋の製造に関連するすべての業務について訓練を行います。プログラムを修了した監督者は、テーププラント、織機、品質管理など、どのような部署でも働くことができます。

logo
メンテナンス技術者

製造機器や設備の効率性は、良好な状態の維持と有効な予防保全活動によって決まります。ラフィア産業における機械・電気保全技術者の需要の高まりに応えるため、TTRCは、機械および電気の両分野に熟練した保全技術者を養成する特別な6カ月の訓練プログラムを開設しました。

logo
カスタマイズ訓練プログラム

TTRCでは、個人、現職者、新規起業家の要望に応じて、様々な短期訓練(1~8 週間)を実施しています。オペレーター、監督者、エグゼクティブ、プロジェクト責任者/オーナーなど、あらゆる階層の職種に対応します。 現在、TTRCの訓練プログラムは、オペレーターからオーナーまで、ラフィア産業のあらゆる職種に対応しています。

logo
オンサイト訓練プログラム

TTRCのオンサイト訓練プログラムは、企業の現職者に対して工場内で訓練を実施するもので、テーププラント、織機、製造業務における品質管理などに関するプロセスの改善を促します。オンサイト訓練プログラムの期間は、工場/企業の規模や業務内容に応じて一般的に1~3週間です。

image
image
image
image
image
image
image
image